シリーズ【猫を飼うキッカケ】

第一章【猫を飼うキッカケ~物件探しに至るまで】
第二章【猫を飼うキッカケ~物件探し①】
第三章【猫を飼うキッカケ~物件探し②】
第四章【猫を飼うキッカケ~猫の選び方】
第五章【猫を飼うキッカケ~evaに出会うまで】
第六章【猫を飼うキッカケ~evaとの出会い】
第七章【猫を飼うキッカケ~evaに決めるまで】
第八章【猫を飼うキッカケ~evaを迎える準備】
第九章【猫を飼うキッカケ~evaを迎えに】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本日は<第三章>です。

【ペット可の物件探し②】

前回お世話になった不動産屋さんと決別して、またネットで探しつつ、自分の条件を洗い直しました。

【譲れない条件】
家賃 9万以下
クローゼット広め
築年数 35年以下(耐震基準の都合上)
駅から徒歩20分以内
屋内駐輪場

前回書きました、
タイプ1:家賃安めで広いけど、駅から遠くて古い
タイプ2:新しくて設備はいいけど、家賃高め
のタイプは問わず。
それぞれに魅力がありますから、実際に見てから決めることにします。

でも実際、物件が決まった今だから言いますけど…タイプ2の新しい部屋を見てしまうとタイプ1はどうしたって見劣りします。
特に気になったのが『水まわり』。
キッチンやお風呂が、汚いとかじゃなく、なんか古めかしいんですよねぇ…築年数がいってるものは。
でも、それをカバーできるだけのプラスがあればいいんです!
いろんなタイプの部屋を見て、直感で決めればいいんです!
そう思いました。

ネット検索では、目新しいものはなかなか出ません。
来る日も来る日も条件としてイマイチな同じ物件ばかり・・・
一度、物件探しを完全に諦めました。
心折れました。
今は時期じゃないんだ、と。

そんな折、気になる【物件A】に出会いました。
『クローゼット』以外の条件をクリア。
部屋は今より狭い。
クローゼットも今の半分。
猫グッズが増えることを考えると…相当量の荷物を減らさないと無理なほど狭いです。
タイプは待ちに待った、タイプ1とタイプ2の【中間タイプ】です。

考えていても始まらない。
とにかく内見に行こう!

《不動産やさんに行く…2》
今回の不動産やさんとは、行く前に何度もメールでのやりとりがありました。
前回の不動産やさんの印象が相当悪かっただけに、今回はすごくいい感じです◎
モノを売る商売でも、【モノ】さえよければいいんじゃない。
モノを売る【人】が大事です。
どんなにいい【モノ】でも、売る【人】が悪ければ買いません。
ま、今回は賃貸ですけどねww

話を戻します。

不動産やさんの話では、
「【物件A】は退去がまだ先で、空くまで内見はできないが、内見せずに決めることもできない」
とのことでした。

イマドキは内見しないで決めてしまう人もいるんだとか。
主はさすがにそれはできないので、ありがたい条件でした。

しかも、【物件A】の内見予約をして、待っている間に他の物件も紹介してくれるそうです。

なんだ、このいい不動産やさんは。
たぶん当たり前のことなんだろうけど、前の不動産やさんがひどすぎたので、主は涙が出そうだよ。。。

中間タイプを中心に、いくつか紹介してもらった中に・・・またいい【物件B】が!
今度は『家賃』以外の条件をクリア。
部屋とクローゼットが広くなった分、当然家賃が上がってしまいます。
やりくりできない額ではないが、誤差範囲でもない。

このA・B、2つ同時に内見になり…

最終的に、
『クローゼット』が狭い、【物件A】に決めました!

《決め手》
やはり、家賃の予算オーバーはデカイということ。
毎月、毎年、10年住むとしたら…とても大きな金額になります。

「そこまでがんばって大きな部屋に住む必要はない」

と思いました。
あと、大通りに面した物件だったので、便利ではあるけれど車が通る音がうるさかったのです。
ずっと静かな地域に住んでいたので、これはかなりのマイナスポイントになりました。
こういうのは実際見てみないとわからないし、どう感じるかも行ってみないとわからないものですね。

決めたほうの【物件A】も、手放しで喜べるようなものではありませんでした。
縦長の部屋、真四角のクローゼットはどうも使い勝手が悪そうで、見た感じやっぱりかなり狭い。
でも「なんとかやっていける」と判断し、ここに決めました。

決まったからには、次は断捨離しながら引越し準備だ〜!!

…と、ここまで「猫とは無縁に部屋だけ決めた」ようになっていますが、実は違うんです。
『物件探し』しながら、『猫』にも出会ってしまっていたのです!!!

つづきはまた後日。
(つづき→【猫を飼うキッカケ~猫の選び方】はこちら