シリーズ【猫を飼うキッカケ】

第一章【猫を飼うキッカケ~物件探しに至るまで】 
第二章【猫を飼うキッカケ~物件探し①】 
第三章【猫を飼うキッカケ~物件探し②】 
第四章【猫を飼うキッカケ~猫の選び方】 
第五章【猫を飼うキッカケ~evaに出会うまで】 
第六章【猫を飼うキッカケ~evaとの出会い】 
第七章【猫を飼うキッカケ~evaに決めるまで】 
第八章【猫を飼うキッカケ~evaを迎える準備】 
第九章【猫を飼うキッカケ~evaを迎えに】 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
本日は<第六章>です。

【evaとの出会い】

前回、父からのまさかのキラーパスで猫をもらえることになりそうです。

その、「猫をあげてもいい」と言ってくれた人は、父の大親友のYさんです。
Yさんはおうちで猫を多頭飼いしている猫好きさんです。
その奥さんも、もちろん猫好きさんです。
奥さん、Yさんに内緒で【子猫】を拾ってしまいました。
でもすでに先住猫さんが4匹いたYさんは、「これ以上はダメだ」と以前から言っていたそうです。
なので奥さんは、【子猫】を拾ったことを内緒にしました。
長男にかくまってもらい、3日間は内緒にできていたそうです。

が・・・当然長くは続かずにYさんにバレました。

きっと家族会議が開かれたでしょう。
いろいろもめたかもしれません。
最終的にYさんの娘さんのMちゃんが引き取ることになりました。
Mちゃんはお嫁に出ています。
そこでもすでに猫ちゃんを4匹飼っていたのですが・・・
「4匹も5匹も変わらない!」となったでしょうか。

詳しい経緯は聞いていないのですが、なにはともあれ、奥さんの拾った【子猫】ちゃんは無事娘のMちゃんの家に引き取られていきましたとさ。



『めでたし・めでたし』



って、それでは主がevaに出会えません!
『めでたし・めでたし』ですが、それだけでは終わらなかったのです。

【子猫】を引き取ったMちゃんは、先住猫ちゃんもいることですし、さっそく獣医さんに連れて行きました。
そして、そこで驚くべき事実を告げられたのです!

なんと!!!

【子猫】を拾ったと思い続けていたYさん家族でしたが、
それは【子猫】ではなく【おなかに赤ちゃんのいるママ猫】だったのです!!!

びっくりですね~
【ママ猫】ちゃんの体が小さかったため、みんな【子猫】だと思い込んでしまったのです。
これは一気に大変になりました。
「4匹も5匹も変わらない」かもしれないけれど、さらに「+子猫数匹」となると大分違いますよね。
だからといってMちゃんも「どうこうしよう」なんて気はサラサラなかったと思います。
すべてを受け入れて、ただの面白話としてYさんに話し、Yさんもただの面白話として父に話したんだろうと思います。

それがまた面白話で終わらなかったのは、猫を欲しがってる『主』がいたからです。
父が「娘が猫欲しがってるんだよね~」とか言ったでしょうか。
Yさんは「だったら1匹もらってよ」みたいな会話が繰り広げられたことは、想像に難くないですね。

こうして無事、猫ちゃんの入手先が決定したのでありました。

その話が来たのが夏でした。
ちょうど主が『ペット可の物件探し』をしていたころです。
最後の2軒に絞ったころだと思います。

物件が決まるのと、猫ちゃんが決まるのと、ほぼ同時だったのです。
これは運命以外のなにものでもありませんね。

子猫ちゃんはいつ頃生まれるのか聞いたところ、「9月上旬」とのこと。
子猫は生まれてすぐもらってくるわけにはいきません。
ママ猫さんもちゃんといることですし、しっかり育ててもらって、免疫もちゃんとつけて、兄弟ともしっかり遊び、社会性を身に着けてから引き取らせてもらうことにしました。
それまでに要する期間は2ヶ月。

11月上旬に引き取ることを目標に、物件探しの詰めと飼育準備に勤しむことになりました。
俄然気合が入ります!!!

そして・・・
9月5日
「きのう子猫が4匹生まれたよ」と連絡がきました。

IMG_5581

ほんとに生まれたて~
4匹いるのか?どの頭とどの体がセットなの?www

IMG_5582
(上にいるのが後の【eva】です)

どの子がうちに来るんだろう・・・わくわく。

色の薄めな子が主の好みだったのですが、この兄弟はみんな黒っぽいです。
それならそれでもいいよ~◎

こうして猫の入手先が無事決まり、平行して行なっていた物件探しもよいよ大詰め。
準備は着々と進んでいきます。

(つづき→【猫を飼うキッカケ~evaに決めるまで】はこちら



ランキング参加してます。