【猫を飼うキッカケ】シリーズ最終章。

これまでは・・・
第一章【猫を飼うキッカケ~物件探しに至るまで】
第二章【猫を飼うキッカケ~物件探し①】
第三章【猫を飼うキッカケ~物件探し②】
第四章【猫を飼うキッカケ~猫の選び方】
第五章【猫を飼うキッカケ~evaに出会うまで】
第六章【猫を飼うキッカケ~evaとの出会い】
第七章【猫を飼うキッカケ~evaに決めるまで】
第八章【猫を飼うキッカケ~evaを迎える準備】
 
そして
第九章【猫を飼うキッカケ~evaを迎えに】

準備万端!ではないけれど、最低限の準備は整えて、いざ【お迎え】です。

2016年11月11日
お迎えの約束は夜だったので、それまでに実家にも
●トイレ
●えさと水のお皿
●おもちゃ
を用意しました。 

約束の時間に父とMちゃんの家に行きましたが、Mちゃんはまだ仕事から帰ってきていないようでした。
ご家族はおうちにいらっしゃるようでしたが、夕飯時だったので駐車場で待たせてもらうことにしました。
20分待っても来ないので、ご家族に「駐車場で待たせてもらってますよ~」と声をかけにいきました。
すると旦那さんがMちゃんに電話をしてくれて、Mちゃんが約束の時間を間違えていたことが判明しました。
待っているか、出直すか・・・と考えていたら、「このまま今連れて行っていいよ」とのこと。
息子くんがevaを連れてきてくれました。
evaのママも来ました。
旦那さんが、
「ほら、お前たちお別れだよ。」
といって、2匹の顔を近づけました。
なんだか悪いことをしてる感でいっぱいになってしまいました。
主はevaママとMちゃんの旦那さん、息子くんに「しっかり育てます!」と宣言をして帰りました。
Mちゃんの留守中に拉致してしまったようで心が痛みました。

が、ここからは心を入れ替えて!
主が『飼い主』になったのです!しっかりせねば!!!

evaははじめてキャリーバッグに入ったことでしょう。
はじめて車に乗ったことでしょう。
はじめてママ・兄弟と離れたことでしょう。
それが『不安』だと感じるまでに時間がかかったようで、鳴き出すころには実家到着。

「eva~ここが主の実家だよ~」
「evaのセカンドハウスだよ~」
IMG_6024
 「み~み~」鳴いてばかりのeva。
完全にビビってます。

主「子猫の『おうち探索』が終わるまで、ほっとくのがいいんだって~」と家族にいいました。

ほっといているようで、家族全員、全神経evaに集中です。

『おうち探索』が終わったようですが、なんだか不安げに「み~み~」言い続けています。
もうほっとくのが我慢できなくなって、猫じゃらしで遊んであげました。
思いのほか食いついたのですが、ちょっと大きな声で笑ったり、大きな音が出たりするたびに腰が引けていました。
かなりの【びびりぃ】とお見受けしました。
IMG_6029
その後もよく鳴いたので、「ママと兄弟を探しているんだな~」「かわいそうだな~」と思いました。

夜はどこでどんな風に寝るのかな?
普通に主のベッドに入ってきて、一緒に寝ました。
小さすぎて踏みつぶしてしまわないかと、緊張したのもつかの間。
あっという間に二人で熟睡してしまいました。

翌日、事前に主治医指定させてもらっている『ドクターM』のところへ連れて行きました。
病院に行く前、evaがうんちくんをしてくれたのですが
主「ちゃんとトイレにできてえらいね~!」
と片付けようとすると・・・【血便】じゃん!!!

どうしよう・・・。

すると父が「そういえば誰だかわからないけど血便の子がいる」ってMちゃんが言ってたって。
それがevaだったということです。
ちょうど『ドクターM』のところへ行くし、診てもらおうね。。。

キャリーバッグに入れて車に乗ると、きのうとは打って変わっていきなり大声で「わーわー」鳴くevaさん。
主「この世の終わりじゃないんだよ~。ドクターMに会うんだよ~ 」と歌うように話しかけていましたが効果なし。
病院に着くまで約10分、休みなく鳴いていました。

『ドクターM』がひと通り診察してくれて、特に問題はなし。
体重は1.15kgです。
evaの鳴き声は『さみしい』が原因ではなく、『かまってほしい』って意味だよと教えてもらいました。
親や兄弟を探してる声とは違うらしい。
【びびりぃ】認定も間違いらしいです。
「病院に来て、これだけ堂々としている子はほとんどいない」と言われました。
だから逆(?)に、『慣れたらおとなしくなる』ってものじゃないと・・・。
「ちょっと元気いっぱいすぎるかもね~」
「電車移動は鳴くだろうなぁ・・・。大変だと思うけど対策を考えていこう」
と、分析し、傾向と対策も一緒に考えてくれました。
『ドクターM』はほんとにいい先生です。
【血便】については、子猫の場合病気の可能性は低く、寄生虫、ストレス、切れ痔、の可能性が高いとのこと。
寄生虫だと薬を飲まなきゃだから、朝出たうんち持ってきて検査してもらうことになりました。 
なのでevaの診察は一旦おしまい。
evaが次に来るのは、年末だよ。
そのときワクチンだって~。

主は一度evaを実家に置いて、うんちを持ってまたとんぼ返り。
(『うんち入れ』が【うちのタマ知りませんか】で萌えました。写真を撮ろうと思ったのがうんちを入れた後だったので、見えはしないのですがなんとなく自粛いたしましたw)
すぐに調べてもらいましたが、「虫はいない」とのこと。
「ストレスやえさのせいかもしれないから、しばらく様子を見ましょう」ということになりました。
主は東京に帰らねばならないので、不安でした。
すると『ドクターM』は、
「緊急のときは東京の近所の病院に行きなさい。緊急じゃなければいつでも相談に乗りますよ」とメールアドレスを教えてくれました。
どこまでも【神】です。

実家に戻ると、血便なんてうそのようにevaは元気いっぱいでした。
IMG_6056
人見知りしないいい子なんだって~♪
血便 はやく治そうね。
IMG_6062
 このとき生後2ヶ月。
だいぶ大きくなったな~と思ったけど、今(生後5ヶ月)から見るとやっぱり小さい。 

このあと、【わんこと初対面】の災難が。。。w

この日に東京へ連れて帰ろうと思っていたのですが、『わんこ事件』で主がすっかり疲れてしまったので、翌朝帰ることにしました。
その日は父も東京へ出かけるというので、一緒に電車に乗ってもらいました。
eva初電車!
鳴いたよぉ~
父がうまいことあやしつつ、だましだましでなんとか東京到着。
主はここまでで、すでに胃痛胸やけ。
鳴き声が大きかったので、まわりに気を遣うやら、evaがかわいそうだわ。
父と別れて一人になった途端、吐き気さえ感じてしまいました。

主「evaたーん。鳴かないでぇー。」
eva「わーわーわーわー」

でも近くに座っていた『猫好き親子さん』に救われました。
ママさん「猫ちゃんですかー?」
主「はい・・・うるさくてすみません。。。」
ママさん「子供たちが顔がみたいって言うんですけど」
(主見せる)
子供たち「ちっちゃいね~!」
ママさん「うちにも猫いるんですよ~」
なんてやり取りしてすぐ、『猫好き親子さん』は電車を降りてしまったのですが、
「迷惑だって思ってる人もいるだろうけど、こんなふうに友好的で優しい人もいるんだ」
「がんばれ主&eva!」
と自分たちを励まし、なんとか我が家へ帰宅。

精神的にかなり疲れました。
evaさんはどうですか?

気になるところですが、
その後のevaについてはまた別の章で。


ランキング参加しています。
1日1ポチっとお願いします!

猫との暮らしランキングへ
にほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へ
にほんブログ村

ブログサークルに参加しています。
ブロトピ:今日のペット日記
ブロトピ:ブログ見てね
ブロトピ:ブログ更新しました!♡今日の愛猫日記♡