【ブログ開設まえのこと】シリーズ第三章

第一章【ブログ開設まえのこと~ようこそ子猫ちゃん
第二章【ブログ開設まえのこと~evaの血便
のつづきです。

正確には第一章のつづきになります。

『都内狭小マンション』での1人と1匹暮らしをはじめた主とevaですが、
この部屋に連れてきた翌日、もう主は通常通りのお仕事です。
いきなり10時間ほどのお留守番です。
大丈夫でしょうか。

evaにははじめからいろいろ強いてしまって申し訳ないと思います。

ママちゃん猫と兄弟と離れ、Mちゃんファミリーと離れ、1匹で実家にやってきた。
実家では主の父と母がいて、必ず誰かがevaを見ていたから、1匹だけどひとりじゃなかった。
次に東京に連れてこられて、主とevaの1人と1匹。
そしていきなり1匹でお留守番。

かわいそうだけど、これに慣れていかないと一緒に生活はできないんだよー。

evaはよく鳴く子なので、きっとひとりでも鳴いていることでしょう。

余談ですが、
evaと一緒に生まれた兄弟のうち1匹が、evaより数日早く引き取られたのですが、あまりに鳴くので「親から離すタイミングが早すぎたのかも」と一度戻されました。 
だから主にも「無理そうだったら一度戻してもいいからね」と言ってくれていました。
一緒にいるときはよく鳴きますが、鳴きっぱなしじゃないし、構ってあげれば鳴きやみます。
夜は鳴かずに一緒に寝ていましたが・・・お留守番中はどうなのでしょう?

知らぬが仏・・・でしょうね。

主は仕事中心配でソワソワしっぱなしで、就業後は寄り道もせずにまっすぐ帰宅しました。
するとevaは鳴きながら出迎えてくれました。
部屋は荒れてはおらず、トイレもちゃんとしてあり、えさは少し残っていましたがほとんど食べたようでした。

主「ちゃんとお留守番できてえらいね~!」

と、evaが満足するまで遊んであげようと思いましたが、満足することを知らないevaは永遠遊ぶので、主が先にギブアップ。
問題なくお留守番できたことに、とにかくほっとしました。

主はevaに鈴付きの首輪をつけることにしました。
首輪自体にも賛否両論あるところですが、鈴については批判的な意見のほうが多いようです。
猫は聴覚が優れているため、うるさくてストレスを感じるんだとか。
それでも子猫からつけていれば慣れてくれるのではないかと、早々につけることにしました。
できるだけ小さい鈴のモノを探し、8mmにしました。
「evaには赤い首輪が似合う」と確信した主。
「赤い首輪には金の鈴でしょう」と、変なこだわりをみせたため、探すのに苦労しました。

そして納得のいくものがみつかりました。
IMG_6101
凛々しすぎます。
生後2ヶ月とは思えない貫禄が出てます。
赤に金の鈴・・・ドラえもんです♪
かわいい♡

やはり鈴の音が気になるようで、直後は首元の鈴を追うような、おかしな動きをしていました。
それでもしばらく経つと、気にしつつも遊ぶように。
初日は数時間で外し、翌日はお留守番中だけ外し、翌々日には終日しても問題なく生活してくれました。

鈴をつけてわかったこと。
「evaがどこにいるかわかって非常に便利」
ということです。
evaはちょろちょろと足元について歩くので、気が付かないときは蹴ってしまいます。
蹴るのはまだしも、万が一踏みつけてしまったら・・・こんな子猫ではひとたまりもありません。
それが鈴をつけたことにより、evaが足元に来たことがわかるので、蹴り事故が減りました。
暗い中でもevaには見えているのでしょうが、こちらからは見えません。
それも鈴が鳴れば、「トイレに行ったんだな」とか「近くに来たんだな」とわかるようになりました。
あとは『首輪ハゲ』ができなければ、我が家ではこのスタイルで行こうと思います。

evaが我が家に来てからの1週間は、主の生活ペース&スタイルが変わったため、主もかなりストレスでした。
週の後半、仕事に行っている時間は、それはそれでevaから離れられてほっとする時間でもありました。
軽く『育猫ノイローゼ』です。

だからといってevaをMちゃんちに戻そうとか、そんなことは考えませんでしたよ、もちろん。
早くお互い慣れるといいなーと願うばかりでした。

次章では【evaが来てはじめての週末】をお届けします。 



ランキング参加しています。
1日1ポチっとお願いします!

猫との暮らしランキングへ
にほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へ
にほんブログ村

ブログサークルに参加しています。
ブロトピ:今日のペット日記
ブロトピ:ブログ見てね
ブロトピ:ブログ更新しました!♡今日の愛猫日記♡