「猫って案外目が悪い」

猫飼いさんなら一度は聞いたことありますよね。
犬猫に興味のない人は、知らない人も多いようです。

猫は多くの情報を『耳』から得ているそうです。
「猫は聴覚のいきもの、犬は嗅覚のいきもの、人間は視覚のいきもの」
と表現されることもあるようですよ。
それぞれ得意分野があるんですね!
その【猫の聴力】は人間の10倍とも言われます。
なにが10倍?
音量?音域?
両方人間より優れているので、あわせてごにょごにょ計算すると10倍になるのでしょう。(いい加減です)
一説には、アリが歩いている音まで聞こえるとか・・・。
人間には聞こえない音があちこちから聞こえてきて、キョロキョロする様から『猫には霊感がある』と言われたりもしますね。

しかし、『音のする方向』を見極めるのは苦手なように感じるのですが、いかがですか?

といっても主もそのへん最弱でして・・・
「後ろから救急車が来るから停まったほうがいいかな」と思っていると前から来たりします。 

猫がそこまでひどいとは言いませんが、evaを見ていると、主が出した音なのにいろんな方向を見たりするんです。
そうやっていろいろな方向から聞いて、より正確に音源を判断しようとしているのだと思いますが・・・これが狩りならその間に獲物に逃げられてしまいますよね。
猫の狩りは【瞬発力方式】ではなく【待ち伏せ方式】なので、行動としては正解なのでしょうが。

おっと。
今日は【聴力】の話がしたかったわけではなく、【視力】の話でした。

「猫は耳がいいからそちらから多くの情報を得るため、多少視力が悪くても大丈夫なんだ」 

ということがいいたくて、前置きが長くなりました。

猫の【視力】は人間の視力でいうと『0.1』ほどだそうです。
主の裸眼がちょうどそんな感じです。
裸眼でも生きてはいけますが、生活するにはちょっと不都合が多すぎます。

主の裸眼と、evaの視力が一緒・・・・

うーーーん。
なんだか納得がいきません。 

なぜ?

主「絶対evaのほうが目いいよー!」

と思うのです。 

理由はいろいろありますが、わかりやすく言うと、
主の裸眼『0.1』はこんな感じです。
IMG_8324
evaとの距離は2m強。
evaがいることはわかるけど、evaに似た他の子だったとしても判別できないかもしれません。
evaがどこを見ているのか・・・は、evaの柄からなんとなくわかります。

矯正視力『1.0』では、これくらい見えます。
IMG_8325
evaの目がこっちを向いてるのがよくわかります。

それでなぜ、猫の視力を疑うのかというと、

主「だっていつもこの距離で、evaと目合ってるんだもん!」

画像を拡大してみると・・・ 
IMG_8325
はい、目合ってませんwww

これはカメラだったからですよ!(言い訳がましい)
いつもは確実に目合います。 

裸眼風のぼやけた写真では、evaの目は見えませんが、どこに目がついてるかはもうだいたい想像でわかりますよね。
evaも同じように「主さんの目はこのへんだったかしら」と想像して見ているから、目が合うのでしょうか。
それにしては、よく見えていそうな雰囲気なのですが・・・・。

納得いかない主は調べました。

すると、
『猫は2~10mほどの距離のものが一番よく見える』
『10m以内であれば、人間の顔を個体識別できる』

との記述を発見しました!

ですよね!
それなら納得です!

「近すぎても見えないし、遠すぎても見えない」

って、ある意味老眼のはじまりつつある主と一緒やないか~い!
ま、主の場合は2~10mのものもよく見えませんけどね。

じゃあ猫の視力は『0.1』じゃないじゃん。

その通りですね。
そもそも【猫の視力】を【人間の視力】に例えることに無理があるのでしょう。
同じ『目』という器官であっても、構造や働きが違うのですから。
ちなみに、
【動体視力】も【暗視能力】も【視野の広さ】も猫は人間より優れています。
一方で【色の識別】は人間のほうが得意です。

だから
「猫と人間どっちが目がいいの?」
という質問には、簡単には答えられないのです。

そして
「猫の視力、人でいうところの『0.1』」
という言い方は誤解を生むのでやめたほうがいいと思う主なのでした。



ランキング参加しています。
1日1ポチっとお願いします!

猫との暮らしランキングへ
にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

ブログサークルに参加しています。
ブロトピ:今日のペット日記
ブロトピ:ブログ見てね
ブロトピ:ブログ更新しました!♡今日の愛猫日記♡