昨夜、夕飯を食べて1時間後くらいに、evaが盛大に吐きました。
ほとんど消化されていないごはんが出てきたので、

主「焦って食べるからだよ~」

と言ったのですが、
そういえば最近ちょこちょこ食いだったのに、今は一気に食べたな~とこのときはじめて気が付きました。

その後も30分おきくらいに吐き続けました。
3回目くらいまではごはん。
その後、水を飲んで吐き散らかし、
次に透明な泡(胃液)、
さらに黄色い液体(胆汁)へと変化していき、計8回吐きました。

eee


さすがにこれは普通じゃないです。
evaもだんだん元気がなくなっていきました。
グッタリしているわけではないけれど、いつも元気に歩き回ってうるさいくらいに鳴くのに、
生唾を飲むようにコクコクしながら、全く鳴かず小さくなっていました。

evaはビニールを食べてしまう癖があるので、時々こうして吐き出すことはあったのですが、ビニールは今のところ出てきていません。
誤飲のせいなのか、病気なのか、わかりません。
どうしよう・・・
明日あさイチで病院に連れていこうか・・・

evaが珍しく床で寝はじめてしまったので、そっとケットを掛けてあげたら、拒否されました。

主「そうか、そうか。ほっといてあげるね。ゆっくり休んでね」

と一人でベッドに入るも、心配でなかなか眠れません。

するとevaがベッドに上がってきて、主の隣でくるくると丸まりました。
夏になってからずっと、添い寝していなかったので、これも普通じゃありません。

主「evaつらいんだね・・・でも主さん、どうすればいいかわからないよ・・・ごめんね」

主が泣いたってどうにもならないのに、涙が止まらなくなってしまいました。

そんなに心配していたのに、気づいたら朝です。
寝てしまいました。
evaは朝の定位置(タワー中部)から主の顔めがけて鳴いていました。

主「あ・・・やっと鳴いた・・・」

寝ている間にも嘔吐したかもしれないので、部屋中チェックしましたが痕跡はなし。
お腹が空いてるかもしれないと思って、ごはんをいつもの半量あげてみましたが・・・食べず。
焼かつおの子猫用がストックしてあったので、あげてみると・・・半分ほど食べてくれました。

やっと、ちょっとだけほっとしました。

しかしその後もあまり元気いっぱいの様子ではないので、病院行きを迷いました。
●夜中の1時くらいから一度も吐いていない
●排尿・排便もあり
●朝ごはんを少しだけど食べた
ので、今日は様子見で、主は仕事に行くことにしました。

準備をしていて、ふとevaに気を向けると・・・あれ?どこ?
ベランダかな・・・いない。
タワーの裏かな・・・いない。
おこもり中かな・・・いない。
玄関かな・・・いない。
どこどこどこなの?!?!?!

『猫は死ぬとき姿を消す』という都市伝説が頭をよぎりました。

主「evaあぁぁぁぁーーーー!!!!」

姿を消すといっても外に出られるわけではないので、どこかに隠れているのでしょう。

いました。
下駄箱の下にいました。
普段そこにそんなに長居することなんてないのに。

死にそうだから姿を消した←と本気で思っているわけではありませんが、いつもと違うことだけは確かです。

つらいのかな・・・どこか痛いのかな・・・このまま半日ひとりにして大丈夫なのかな・・・

また泣けてきました。
泣くくらいなら病院に連れて行けばいいのですが、たいした仕事ではないけれど、できれば今日は仕事を遅刻したくない。

主「明日の朝まで具合が悪かったら、病院連れて行くから、それまでは大丈夫だよね?」

主「主の心配をよそに、仕事から帰ってきたらケロッとしてるよね?」

心配で心配でたまりませんが、evaを自宅にひとり置いて、出勤しました。
ときどきモニターで確認していますが、いつも通り寝ています。
寝相が変化しているので大丈夫・・・生きてます。



ランキング参加しています。
1日1ポチっとお願いします!

猫との暮らしランキングへ
にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

ブログサークルに参加しています。
ブロトピ:今日のペット日記
ブロトピ:ブログ更新しました!♡今日の愛猫日記♡