シンガポール旅行記のつづきです。

滞在4日目。

連れ①の体調復活。
完全ではないけれど、観光に支障はないとのことなので予定通り出かけます。

とはいえ、4日目は夜以外ノープラン。

主は旅行の際、かなり綿密に計画を練るタイプなのですが、今回はとってもいい加減でした。
時間的余裕がなかったこともありますが、シンガポールに興味が薄かったので計画を立てようとしても、自分がどこへ行きたいのか、なにをしたいのかわからなかったんですね。

だったら「シンガポールに行きたい」と言った人の意見を尊重して、そこに付き合おうと思いまして、計画時にどうしたいかを聞くも、思うような答えは返ってきません。
それは、いつものことなので想定内。

「旅行のプランなんて、当日その場の雰囲気で決めればいいじゃん」

というツーリストも少なくないですよね?
それを体験してみようと思います!


まずは、連れ①がきのうマーさんに会っていないので、『マーライオンパーク』へ行きます。
徒歩10分くらいですから、ちょうどいいお散歩です。

IMG_1593

夜より昼間のほうがにぎわっていました。
リンクコーデ(完全に同じものではないけれど、色形をそろえたファッション)をしている外国人女性グループが多い!
というか目立つだけなんでしょうが。

なんだかその姿がかかわいらしくて(若者とは限りません)

「来年の旅行は、わたしたちもリンクコーデだね♪」

と言ったら、丁重にお断りされました。

IMG_1632

↑すでに連れ①②白い服きて、軽くリンクコーデになってるっちゅーの!
ホントは全然リンクしていません。白とグレーだし、ボトムも全然違います


さあさ、この後どうするの~?

チャイナタウンがわりと近いっぽいので、歩いて行ってみることに。

IMG_1592

徒歩30分が湿気のせいで遠く感じます。

シンガポールチャイナタウンは、日本の中華街よりずっとチープな印象。
お腹は空いてないし、買いたいものもない。
街並みも特に楽しいものじゃない。

やべっ。
テンション下がってきた。
やっぱり無計画はよくないよなぁ~

と思っていたところに、かわいこちゃん登場♡

IMG_1640

お耳の大きなキジトラさん。
寄ってきた~♡

少し細いけど、ガリじゃないし、とっても人馴れしていて甘え上手。
毛艶もいいし、このあたりでキチンとごはんをもらっている子なんじゃないかな。
他の観光客さんにも写真撮られたり、触られたり、超人気者。
「ご褒美ちょうだい♡」って思ってるだろうけど、なにも持ってないのよぉ。
ごめんね。

落ちかけたテンションが、猫さんにより救われました。


「暑いし、疲れたし、お茶でもしますか~」
ということになったけど、

「チャイナタウンでお茶するくらいなら、行きたいところがあります!」

とご提案。

IMG_1635

『ティラミスヒーロー』

ヘンピな場所にあるので、タクシーで直接乗り付けました。

マスクをした猫のキャラクター【アントニオ】
『ティラミスヒーロー』は日本上陸していますが、店舗を持っていないようです。
いつどこで出会えるかは、公式サイトをチェックしてください。
公式サイトはこちら→The Tiramisu Hero Japan

ビン詰めになった、種類豊富なティラミスが並んでいます。
ここはオリジナルティラミスに行くべきなのでしょうが、主はストロベリーをチョイス。
連れ①②はオリジナルをチョイスしました。

味はどちらもふつう。
ふつうってなんだよ!
マスカルポーネ感は低め。
特別感はないけれど、ふつうにおいしかったです。
ストロベリーは、ほぼショートケーキでした。
マスカルポーネ、入ってるはずなんだけどなぁ・・・

行きたいお店に行って、食べたかったものを食べた主は、特別おいしくなくても満足◎
甘いものが好きじゃない連れ①は、なんだか不満そうで不機嫌ですが、気付かないフリ。
そのふたりに挟まれて、気を遣う連れ②。

これも恒例の流れで、想定内なのですが、旅も終わりが近づいてくると、こうした不穏な空気から抜け出すのが容易でなくなります。

一旦リセットするため、ホテルに戻り軽く休憩を取ります。
遅めのランチで訪れたのは、

IMG_1634

『鼎泰豊』(ディンタイフォン)

なんでシンガポールで鼎泰豊やねん!
台湾のお店ですが、日本にも多数出店していて、何度もお世話になっています。

はじめて鼎泰豊に行ったのは、この3人旅で台湾を訪れたとき。
期待に胸を膨らませて、行列に並んで食べた小籠包は、なぜかぬるい。
ハフハフ言いながら食べるのが小籠包だと思い込んでいた3人は、大層ガッカリしたのでした。
その後、日本の店舗で食べてもハフハフ言うことはないので、それが正しいのかもしれません。
ハフハフのイメージが間違いだったんだ!・・・?

「そんな旅の思い出を語りながら、小籠包を食べようではないか!」

と鼎泰豊に入ったわけです。
が、
特に会話は弾まず。
主も疲れているし、みんなも疲れている。

おいしいものを食べても会話が弾まないって・・・
なんて旅だっ!

ま、想定内ですけどね。

これを言っちゃ~おしまいですけど、
この3人、
そもそもあまり仲良しじゃないんですよw
旅仲間として成立してはいますが、旅行以外で3人で会うことも食事をすることもないんです。
旅行の打ち合わせすら、顔を合わせてすることはありません。
だからこそ、年に一度3人で会うこのわずかな時間くらい、話が盛り上がりそうなものですが、盛り上がりませんねぇ。
それだけ「無理をしていない」「あるがまま」ということなのでしょうが・・・。
毎年悶々とするくせに、毎年一緒に旅してしまう、不思議な3人組なのです。


さあ、気を取り直しまして、
【夜の部】はーじまーるよぉー♪

夜は『ナイトサファリ』に行きます。
それまでの時間調整として、お隣の『リバーサファリ』でパンダに会ってきます。

リバーサファリで、パンダ?
川にパンダ?
パンダは四川省ですからね!(そういうこと?)じゃないと思う

まずはちゃんと(?)水棲生物たちとご対面。

IMG_1645

(左上)オオカワウソ:カワウソってかわいいイメージなのですが、この子たちちょっと大きいし、目が怖い・・・と思っていたら、コツメカワウソではありませんでした。
もっとよく見たい方は「殺人鬼みたいなカワウソ」とググってみてくださいw
ちょっと残念なオオカワウソさんたちに会えると思います。
(右上)マナティ:ジュゴンとマナティって一見すると似てるけど、口と尾びれで見分けられるようです。
(左下)台の上に留まって、じーっとこちらを見つめている・・・ように見えるマナティ。寝ているのかな?
(左中)おひげが立派なナマズさん。魚たちも、ここに来る人間たちを観て楽しんでいるのかな?と思うくらいガン見されました。
(右下)キラッキラ☆ピラニア


そしてここ『リバーサファリ』で、この旅最大の失敗をします。
『アマゾン・リバークエスト』という有料ボートに乗るために支払いをしていたのに、間違えて『リバーサファリ・クルーズ』に乗ってしまいました。

IMG_1647

こちらは園の外側の川をクルーズしながら、動物を見ることができます。
キリンさん♪

そうこうしているうちに、またスコールがっ!
中断になったのか、ひと通り終えたのかよくわからない状況で突如クルーズ終了。
アナウンスは特になかったので、中断ではなさそうです

これはこれでアリなのですが、こちらに先に来てしまったせいで、本来行くべきだった『アマゾン・リバークエスト』がスコールのため運休となり、行けなくなってしまいました。
天候のせいだから仕方ないのだけど、順番を間違えなければ間に合ったのに。

カピバラ、ジャガー、ジャガランディ(カワウソネコ)に会い損ねてしまいました。

やっちまったな~。
たいしたミスではないけれど、今回はこれが最大のミスです。
今回の旅の勉強不足(準備不足)が祟りましたね。


この失敗の穴埋めは、パンダさんにお願いしましょう。
他力本願

『リバーサファリ』にはカイカイとジアジア、2頭のパンダがいるのですが、ジアジアはバックヤードでお休み中。

カイカーイ!
大きな声で呼んだらダメです。心の声です

DSC_4040

行き倒れていました。

充分かわいいけど・・・お顔見られないのか。
グスン

としょげていたら、

DSC_4043

「な~にしょげてるの?」

と、起きてこっちを向いてくれました♡

ええ子や~♪
カイカイ、ええ子やね~~~♡

DSC_4046

はい、お仕事終了。

足おっぴろげ~で、また行き倒れてしまいました。

あ~、かわいかった♡
と興奮冷めやらぬうちに、今度はレッサーパンダ登場!

IMG_1642

所狭しと縦横無尽に駆け巡ります。
ぐーたら寝てるだけの、どこかの誰かさんとは大違い!

もっこもこのむっちむちでぷりちぃ♡♡

食べるものを探しているのか、全然顔を上げてくれないので、かわいいお顔を撮ることはできませんでした。


『リバーサファリ』を終えて、次は『ナイトサファリ』です。

IMG_1616

連れ②のアドバイスに従って、S$10追加で払って、日本語ガイドが聞けるトラム(乗り物)を予約します。
連れ②は『ナイトサファリ』経験者で、前回来たときは英語ガイドトラムに乗ったのですが、「あっち見て」「こっち見て」「〇〇がいるよ」という説明をよく聞き取れないうちに通り過ぎてしまうので、ちっとも動物を見つけられず、楽しくなかったんだそうな。

今回はちゃんと動物たちを発見できるかな?

リバーサファリ後半から降り始めたスコールは、トラムに乗る頃ちょうど止みました。
ザーザー降りでは、動物たちが木陰に隠れてしまうかもしれませんからね。
止んでよかったです◎

夜行性動物たち、
たっくさんいました!!

真っ暗な中、トラムが動いている状態なので、写真はまともに撮れたものが一枚もありませんでした。

バラシンガジカ、アジアライオン、ナマケグマ、ケープクロスイギュウ、カバ、ハイエナ、アフリカホワイトライオン、ツキノワグマ、マレーバク、アジアゾウ、インドサイ、マレートラなどを見ることができました。

40分ほどでトラムを降り、トラムでまわれなかった部分を歩いてまわります。

こちらも写真がブレブレでどーしょもないのですが、

DSC_4068

フィッシングキャット(スナドリネコ)
ベンガルみたいな見た目ですが、魚を捕って食べるそうです。
「スナドリ」って言ってるけど、「砂取り」ではなく、「漁をする=漁る(あさる/すなどる)」の「すなどり」だそうです。
ここでも川の魚を狙っていたのですが、残念ながら漁る姿を見ることはできず。

DSC_4070

パンダ!?

じゃなくて、ムササビ。

ムササビって、パンダみたいな顔してるんですね!
はじめて知りました。
飼育員さんがヤシの実?のエサ入れを仕掛けると、ちゃんと滑空してみせてくれました◎

お仕事お疲れ様です。
飼育員さんに?ムササビに?

DSC_4072

サーバルキャット
やっぱりネコ科動物最高だな~♡

軽く歩くつもりが、結局全部まわってしまい(迷子になったともいう)30分以上歩きました。

いや~、本日も汗だくです。


30分ほどかけタクシーでホテルに戻り、
「おいしいものが食べたいのでホテルの中にあるイタリアンで夕飯がしたい」と所望。

FullSizeRender

オシャンなレストランはTigerのグラスもオシャンです。
が、かたくなに専用グラスなんだなw

IMG_1633

シンガポールは日本と同じで、ファストフードのようなチープな食べ物もありますが、レストランに入ると物価は一気に上がります。
ビール3杯、サラダ、パスタ、お通し的なパンとリコッタチーズだけでS$140(1万円超)です。

しかしイタリアン安定。
めっちゃおいしかったぁ♡


翌日お昼すぎの便で帰国です。



お留守番中のevaは、
イタズラもちゃーんとできました◎

evaはセカンドハウスで『メダカのエサ』ハンターになります。

家の中に置いてあれば、必ず探し出します。
外に置いても、おさんぽ中に見つけ出します。

袋に入れたままなら、袋をアギアギ。

ビンに入れ替えたものなら、ビンごとコロコロ。

そうやっているうちに中身がザザーッと出てしまうことがあります。

絶対食べたい!
なんとしてでも食べたい!

ということではなさそうだけど、まるで宝探しのように毎回探し出すのです。

IMG_1646

主が出発する前に、「エサ出しておいちゃダメだよ」と言って、外に隠しに行ったはずなのに。
油断して、室内に置いたままにした日があったのでしょうね。

一瞬の隙も逃さない!
どうやってメダカのエサ捜してるんだろう?←お留守番関係ないけど、evaのお留守番七不思議④



ランキング参加しています。
1日1ポチっとお願いします!

猫との暮らしランキングへ
にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

ブログサークルに参加しています。
ブロトピ:今日のペット日記
ブロトピ:ブログ更新しました!♡今日の愛猫日記♡