さらっと書くつもりだった旅レポが、かなり濃厚になってしまいました。
今日がシンガポール旅行記のラストです。

過ぎてしまえばあっという間。
もう帰る日なのかぁ・・・という気持ち。

でも主はもうずっとevaに会いたくてウズウズしているので、正直「やっと」という気持ちもあります。

ホテルの朝食もこれで最後。
2~4日目は、1日目とは別のお店での朝食となっていました。
なぜこちら側ばかりなのか?
どちらも2Fなのですが、こちらは【マリーナベイサンズ】が見えるお店。
あちらは見えません。
「日本人、マリーナベイサンズ好きでしょ?」って思われてたりして。
たまたまでしょう

FullSizeRender

前日、目玉焼きオーダーの話で盛り上がりました。

一般的に目玉焼きは、
【sunny-side up】と言いますが、それは片面焼きで黄身がほぼ生の状態の目玉焼きです。
両面焼きは「over」(ひっくり返す)を使って、
【over-easy】両面焼きで黄身が生
【over-medium】両面焼きで黄身が半熟
【over-hard】両面焼きで黄身が固焼き

↑主は【easy-medium】を注文。

連れ②は、生卵が苦手なので、目玉焼きは固焼きがいいとのこと。
「片面焼きの黄身固め」のオーダーがないのはなぜなのか?
自分で「黄身固め目玉焼き」を作ろうと思ったら、水を入れて蒸し焼きにするけど、外国ではやらないのか?
日本でも、プロは蒸し焼きにしないのか?

という話になりましてね。
主はこういう一見くだらない話が大好物です!
こういう話をたくさんできる旅行であってほしいといつも願っているのですが・・・
やれ「隣の席の人がどう」とか、やれ「あのカップルがどう」とか、そんな話ばかりです。
そういう話もいいですけどね。
そっちがメインじゃ、あまりにも悲しいと、主は思うわけですよ。
他人のことじゃなくて、
自分たちの話をしようよ!
と思っているのですが、このメンバーではなかなか叶いません。
連れ①②がこれを読まないのをいいことに、また愚痴が出てしまいました

目玉焼きの話に戻ります。

「黄身固め目玉焼き」が食べたければ【over-hard】でいいじゃん?

そういうことのようで、そういうことでない。
蒸し焼きがあるのか、ないのか、ってことらしいんです。
調理している人に聞けばいいんですけどね。
それじゃつまらない。
そういうところがまた、この上なくくだらなくていい◎

【over-hard】を注文してしまったら、ひっくり返すのは当たり前。
「片面焼きの黄身固め」はどうオーダーすればいいか。

「hard sunny-side up」とでも言ってみる?

「sunny-side up、well-done!」はどう?www

ウェルダンはステーキの焼き方専用ワードでしょうが、きっと気持ちは通じるはず!

「おもしろいからやってみよう♪」

って言ってたのに・・・
連れ②はなぜか出来合いのスクランブルエッグをお皿によそってきました。
直前でひよったな。
主にはそんな恥ずかしいチャレンジは到底できないので、強要はできません。

どこかに勇者様がいらっしゃいましたが、どうかチャレンジしてみてくださいませ。

どうでもいい話が長くなりました。


シンガポールの旅がはじまってすぐ、チャンギ空港に到着したときから気になっていたものがありました。

FullSizeRender

この袋に、お菓子を大量に詰め込んで持ち歩いている人を数多く見かけたのです。
街に出ても時々見かけたので、気になりつつも、お店の名前の全貌が見えなかったので検索することもできず。

最終日の朝、アホな目玉焼きチャレンジをしている最中にこの袋を持った人を発見!
チラリと見えた「salted egg」というワードを頼りに検索して、見つけ出すことができました。

『IRVINS(アーヴィンズ)ソルテッドエッグポテトチップス』が今シンガポール土産として大人気なんだとか。

salted egg(塩漬け卵)とは、アヒルのゆで卵をハーブなどと一緒に塩水で漬け込んだもので、その黄身で作ったソースがシンガポールで人気になったんだそうです。
それをポテチと組み合わせたのが『IRVINS』で、中毒性のある味で爆発的な人気が出たんだそうな。
袋の鳥はペンギンじゃなくてアヒルだったのね〜

即日完売はあたりまえ。
行列必死。
購入個数制限アリ。

そんなワードを見てしまったら、食べてみたくなるのが人の性。

ホテルの近く、『Raffles Xchange』B1に店舗があるということなので、チェックアウト前に行ってみることにしました。

FullSizeRender

オープン直後だったので行列はありませんでしたが、すでに大きな袋に大量に買い込んでいる人に会いました。

試食があったのでいくつか試してみたのですが・・・

あれぇぇ?
主さん、あんまり好きじゃないかもですぅ。。。

複雑な味です。
辛、甘、しょっぱ、コク~~。
イモの味はあまりしない。
クセになる系ですが、脂っこいので、クセになる前に手が止まっちゃうかも。
ビール片手に←だったら止まらない可能性が高いです。

FullSizeRender

それでもお土産用に、2個ずつ買ってきましたけどね。
左側はFISH SKINで魚の皮を揚げたバージョン。
主は魚の皮が得意じゃないので、こちらは評価しないでおきます。

どちらもスモールサイズでS$8。
670円のポテチはなかなか贅沢ですね。
それだけの価値があるかどうかは、人によるかな。
連れ①②は「おいしい!」と言っていたし、人気があるのは確かです。
空港の店舗では長い行列ができていました

気になっていたものの正体がわかって、とりあえずスッキリしました。


さあ、帰ります!

チャンギ空港はチェックインから荷物預け、出国審査まで、すべて自動化。
自分でやります。
並ばないので早くていいですが、はじめてだとちょっと戸惑いますね。

遅いランチなのか、早い夕飯なのかわかなくなってしまった機内食。

FullSizeRender

BBQソース味のローストチキン。
ベトナムっぽい春雨サラダ。
両者めずらしく口に合って、うまうま~♡
でも味が濃すぎて、喉が渇く。

デザートは、

IMG_1651

magnumキターッ!!!
アーモンドバージョンでしたが、これもうまうま~♡

いい旅の締めくくりができました◎
やっぱり食なんだ・・・

そして最後に、とってつけたように

IMG_1609

シンガポールスリングを頼んでみる。

こういう味なんだぁ・・・(どういう味ですか!?)


最後に買ったお土産をご紹介。

IMG_1648
(左上)豚肉ジャーキー「バクワ」味ポテチ
バクワを買って帰ることはできないので・・・
(右上)日清カップヌードル(ラクサ・チリクラブ・キノコ)
麺が日本のものより柔らかい気がしたのは気のせいかな
(左下)即席めんラクサ
自分用ですがまだ食べていないのでなんとも
(右下)クノール トムヤムクンキューブ
シンガポールでトムヤムクンですが、なにか
FullSizeRender
『カヤクントースト』のカヤクッキーとカヤジャム
IMG_1649
(上)シンガポール柄のポーチ
雑誌で目にして、みんなで欲しがっていたもの
こんな情景はシンガポールでお見かけしたことなかったですけどね

(下)パンダのクッションカバー
シンガポール関係ないけど、かわいかったので
リバーサファリのタグが付いていたので思い出になります

IMG_1650
(上)BENGAWAN SOLO(ブンガワンソロ)のクッキー
シンガポールブランドの高級クッキー
マカダミアナッツとカシューナッツのsugee cookie
ホロホロ甘々うまうまです♡

同じくブンガワンソロの「パンダンリーフシフォンがおいしい」
と聞いていたのですがホールは見当たらず、カットしたものをみんなでシェアして食べたのですが、フワフワなめらかで甘くて、とってもおいしかったです◎
潰れてしまったので写真は撮りませんでしたが、誰かがシンガポールに行くなら、お土産でお願いしたいくらい美味でした。
(左下)プラウンロール
ピリ辛エビ春巻きスナックです。
こんなのでS$18しました・・・高っ

(右下)マーライオンクッキー・パンダンリーフ味


以上でシンガポール旅行記を終わりにしたいと思います。

「みなさまにシンガポールの魅力をつたえよう」
という趣旨ではなく、自身の旅記録です。
なので、思ったこと・感じたことをありのまま書きました。
旅の愚痴もそのまま書きました。

3人旅のメンバーを知らない人は、
「なんでそんなメンバーで旅行行くの?」
「全然楽しくなさそう」
と感じたかもしれません。
実際に絶妙なバランスです。
楽しさ6:わずらわしさ4
くらい絶妙です。

でも、楽しさが上回っているから行くのです。
わずらわしい部分も含めて、案外楽しんじゃってるのです。

きのうの「仲良くない」発言で驚かせてしまったようですが、
・とっても気が合う
・趣味が合う
・なんでも話せる
・なんでも一緒
という仲ではない、というだけで、ふつうに仲良しですよ。
毎年海外に一緒に行くくらいですし、3人で集まらないだけで、個人的には飲んだり遊んだりします。
連れ①と②は元々直接の繋がりがなく、主経由で友達になったことと、ふたりとも主よりずっと忙しい生活をしているため、3人で集まる機会を作るのが難しいだけです。
息が合わないストレスはありつつも、他人なんだからそんなのは当たり前で、似ていない者同士だからこそ、相手の意見や考えが新しい発想を生んだりするのです。
とても愉快で貴重な、かけがえのない友人です。

evaに長期留守番させるのは心苦しいですが、セカンドハウスに預けられるうちは、3人旅が続く限り旅行に行くでしょう。
セカンドハウスに預けられなくなったら、海外には行かないかも。
友達にシッターを頼む手もありますけどね。
とりあえず、行けるうちはまだもう少し行かせてもらおうかな。

来年はどこになるでしょう?
お楽しみに♪
別に楽しみじゃないって?



お留守番のevaは、
総合的に見て、大変よくできました◎
はなまるです◎←二重丸しか出せませんが

さみしかったのかな?
捨てられちゃったと思ったかな?
なんで主さんいないの?って思ったかな?
あまりなにも考えてなかったかな?


前にも書きましたが、お迎えにいったらにゃーにゃ―鳴いて玄関に降りる姿を見て、
「そんなことお留守番中一回もしなかったから、おさんぽ行きたいんじゃない?」
と。
主は、おさんぽ要員なの・・・か?だ。
そうだそうだ、そうだった

IMG_1402

木登りevaたん、ムササビになる。

降りてくるのかと思ったら、手前の枝に飛びました。
『ナイトサファリ』のパンダムササビに対抗したのでしょうか。

FullSizeRender

足の爪が必死さを物語る。
IMG_1653

よそ様のお庭で、さらによそ様のお宅から聞こえるお昼寝のいびきにビビるeva。


非日常の旅行も楽しいし、旅行に行けるしあわせも大きいけれど、
evaとともに過ごす日常も、やっぱり楽しいし、しあわせです♡

以後、本当の意味で通常運行いたします。

長々と旅行話にお付き合いいただき、ありがとうございました。

P.S. evaのお留守番七不思議が完成していませんが、来年以降につづく・・・ということでご理解くださいませ



ランキング参加しています。
1日1ポチっとお願いします!

猫との暮らしランキングへ
にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

ブログサークルに参加しています。
ブロトピ:今日のペット日記
ブロトピ:ブログ更新しました!♡今日の愛猫日記♡