evaはおさんぱー(おさんぽ猫)なので、2ヶ月に1回シャンプーしています。

イマドキの飼い猫は、外に出ることもないので派手に汚れることもなく、自分で毛づくろいして清潔を保てるので、「シャンプーは不要」とも言われます。

しかし、トイレを失敗してしまったり、室内でも著しく汚れてしまうこともあるし、
長毛種やオイリー猫さんなど、シャンプーを必要とする場合もありますよね。

濡れることを嫌う習性のある猫をシャンプーするのは容易いことではありません。

わが家は他の猫さんに比べて、大変な部類には入らないように思いますが、ときには必死で逃げようとするあまり、腕をひっかかれたり、よじ登られてTシャツに穴があいたりすることもあります。

ドライヤーも、おとなしく抱っこされたまま・・・なんて時代もあったのですが、今は脱衣所を閉め切って逃げられないようにして、追いかけながらかけています。

それでも、「これはかわいそうだ」「これは大変だ」とシャンプーを諦めるレベルでないことを、大変ありがたく思います。

大暴れする猫さんを無理矢理洗う必要はないのだけれど、猫にも飼い主にも負担がないシャンプー法があればいいのにな~と常々思っています。

ちょっと例えがひどいけど、コインランドリーのように、自動で猫を洗って乾かせるシステムができたらいいのに、とか考えるのです。

ひと昔前は不可能だった、靴やカバンやぬいぐるみ、羽毛布団だって洗える時代です。

『自動猫洗い乾燥機』が発明できれば、ヒット間違いなし!!なんてね。


その夢の一部が現実になったようですよ!
似たようなものは以前からあったのかもしれませんが


こちら、『Pawbo Fluffy』(パウボフラッフィー)は犬猫用のドライルームなんです!

ボックス内でペットを自動乾燥できるシステムだそうです。

優れモノであることはわかるものの、実際使うにあたって

音はどうなの?
暑さはどうなの?
風量はどうなの?

と、「?」だらけですね。

できたてホヤホヤの新商品なので、レビューはまだほどんどない状態。

発売を記念して1/24-31まで定価123,420円のところ77,000円で購入できるそうです。

わが家はそこまでドライヤーに苦労してないので、人柱になることはできませんが、ハイテク機器にご興味のある方、ドライヤーでご苦労されている方々、この機会に『Pawbo Fluffy』を試されてみてはいかがでしょう。

宣伝したところで、わが家に一切見返りはありませんが、使用感めちゃめちゃ気になります!

とりあえず急いでポチしましょう♪


2019年8月の動画が残っていたのでUPしてみました。
※BGMはありませんが、ドライヤーの「ごぉー」という音が出ます



台に登ったり降りたり、ウロウロしたりして、ちっともじっとしていませんが、わが家ではこんなもんです。

夏場のドライヤーはこちらも暑くて滅入るので、ドライルームあったら助かりますけどね。

自動シャンプー機能もついて半額くらいで売られるようになったら、evaにも買ってあげましょね。

IMG_0512

いつまでも元気でいてもらわにゃ困ります。

自動車の自動運転だってもう手の届くところまできましたからね。
自動シャンプーだって、どこかの誰かが本気出せば、きっとすぐです☆

がんばれ、頭のいい人!!



ランキング参加しています。
1日1ポチっとお願いします!
にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ

ブログサークルに参加しています。
ブロトピ:今日のペット日記
ブロトピ:ブログ更新しました!♡今日の愛猫日記♡